【WIN5実戦レポートVol.1】

WIN5で2億円をゲットするために



  4月24日から発売が開始されたWIN5について実戦レポートします。
  WIN5については、これまでも予測や参考資料に基づいて紹介してきましたが、今回は実際のレースを実践サンプルとして、生の体感レポートをお届けしたいと思います。
  今回は新オッズ研究会スタッフと塾長がWIN5にチャレンジしました。
  IPATの会員ページにはWIN5専用の投票ページが用意されていました。
  事前の資料告知されていたとおり、最も後にレース発走時刻が設定されているメインレースから遡って5つのレースがWIN5では「対象レース」となります。
  そこで4月24日の場合は、京都10R、東京10R、新潟11R、京都11R、東京11Rの5つとなります。
  いずれも名前のついたレース、特別レース・重賞レースです。
  WIN5の締め切りは最初の対象レースの発走10分前ですので、京都10R出走予定時刻14:50の10分前である14:40ということになります。
  WIN5自体のオッズは公開されませんが、投票数・投票金額は30分ごとに随時更新されます。
  購入方法は、完全セレクト、一部セレクト(一部ランダム)、ランダムの3種類があります。
  もちろん、オッズ馬券ファンなら「完全セレクト」をお奨めします。
  ランダムは抽選器により、適当な馬番が割り振られますから、宝くじとして買う人には向いているかもしれませんが、 5頭とも超人気薄の馬が1着になることは数年に一度くらいしかないと思いますので、当てようとするなら、完全セレクトにこだわるべきでしょう。


  これが「完全セレクト」の投票用画面です。
  それぞれのレースで1着になると思う馬を押下します。
  何頭でも押下してチェックすることも可能です。
  京都11Rは「07」が半透明になっていますが、これは出走取り消しの馬です。
  ちなみに締め切り後に投票馬が1頭でも「出走取り消し」となった場合は、その投票分は全額返還されます。



  結果ですが、次のように、単勝1番人気が1頭、単勝3番人気が3頭、単勝4番人気が1頭と単勝1番人気の数は少なかったものの、全体的には5頭とも人気上位馬でした。
単勝の配当をWIN5のレース順で並べると、
350円
610円
550円
510円
1080円
ということになります。
  5番目のレースの皐月賞が1000円超えとなりましたから、この中では穴馬だったといえるかもしれません。
  WIN5の払戻金は81万280円でした。
  この配当金は想定より上でしょうか、下でしょうか。
  塾長は「インセプション〜WIN5で2億円を奪取せよ〜」(プレミアム馬券術=刊行中)のなかで、単勝オッズを掛け合わせた倍率に近い配当金になることを予測していました。
  つまり3.5×6.1×5.5×5.1×10.8=6467・7がWIN5の予測オッズということになります。
  ただし、5つのレースの単勝オッズはWIN5の締め切り後も変化し続けますので、あくまで目安です。
  このWIN5の配当金は81万280円。
  予測オッズより高かったことになりますから、単純に、WIN5対象レースの単勝を転がすよりも、得だということが言えます。
  ただし、まだ始まったばかりですので、これからも同じことが起こるかは分かりません。
  けれども、おそらく言えるのは、予測オッズと実際のオッズが大きく食い違うことはないだろうと考えられるということです。
  これは、WIN5を購入しているのは、ほとんどが馬券ファンであると考えられるからでもあります。



  ちなみに、新オッズ研究会の塾長もスタッフも少々買いましたが、みんな穴党ですので、残念ながら、的中票663票に入ることはできませんでした。
  けれども、1票だけ惜しい投票がありました。
  もう、ちょっと手を伸ばせば、81万馬券に手が届くという惜しい馬券です。
  「第一日目ですので何とか当てようと堅い馬券も狙いましたが、的中には至りませんでしたが、色々なヒントが見えてきました」とは塾長コメントです。
  将来2着までOKの「ミニWIN5」とか3つのレースが当たれば的中の「WIN3」などが登場することになれば、こうした馬券も当たりになります。
  外れは外れですが、来週以降に明るい材料を残した結果だったとは言えるでしょう。



  今回の配当金は81万円という高額でしたが、最大2億円というWIN5の魅力からすれば、温和しい配当だったといえるでしょう。
  やはり、WIN5を買う以上、ひと桁多い800万円やふた桁多い8000万円を狙いたいというのが正直なところだと思いますし、 新オッズ研究会でもこうした超高額馬券を狙うための研究を続けています。
  それにはオッズ馬券が最適です。数十万くらいの配当ならば、競馬新聞の印と自分自身の勘を頼りに、運がよければ的中させることができるかもしれません。
  しかし、ひと桁多い800万円やふた桁多い8000万円は勘や運では当たりません。
  オッズというデータとそれを分析するソフトとそれに特化した馬券術が必要です。
  オッズはWIN5を購入できるIPAT会員であれば、誰でも入手できます。
  そして、残るソフトと馬券術は新オッズ研究会で入手できます。
  ソフトはSOP2011です。
  馬券術は「インセプション〜WIN5で2億円を奪取せよ〜」です。
  SOP2011には30以上のオッズ分析表が搭載されていますが、分析表をひとつだけ紹介しましょう。マトリックス分析表です。
  マトリックス分析表は馬連のものですが、馬単やワイド、3連復、3連単なども搭載された世界唯一最強のオッズ分析システムです。
  マトリックス分析表は、ひとことで言うと、「買い目単位のオッズをブロックのように積み上げたもの」ですが、 本来予測されるべき人気順にならべているわけです。しかし、これが他の要因でイレギュラーを生じることになります。
  このイレギュラーを生じた馬を狙う、というのが新オッズ研究会の基本的な考え方です。
  背景水色の買い目がイレギュラーしたものですが、そのうち3頭が1,2,3着しています。
  実際には、他の分析表を使って、さらに買い目を絞っていくことが、新オッズ研究会独自の馬券戦術となります。



  SOP2011には、こうした武器が30以上搭載されていますので、素手で戦う一般馬券ファンや竹刀や短剣で戦うオッズ馬券ファンよりも、数十倍の戦闘力を備えることができます。
  もちろん、ただ備えただけでは、読まずに積んである本と同じですので、馬券戦術を公開し電子書籍をお読みいただくことで、 SOP2011は最高のパフォーマンスを発揮することができるようになることでしょう。

最強のオッズ分析ソフトSOP2011につきましては、こちらをご覧ください>>>>

WIN5に特化した馬券術「インセプション〜WIN5で2億円を奪取せよ〜」につきましては、こちらをご覧ください>>>>>


<新オッズ研究会 スタッフ&塾長>

TOP